2011年1月30日日曜日

iPhone版「ゴースト・トリック」の体験イベントで巧舟さんに聞いた3つのこと

@rkanbe です。

@yteppeiさんがTLに流したのを見て、はじめてブロガーイベントに参加してきました。参加したのは下記のイベント。AMN(アジャイル・メディア・ネットワーク)が仲介するブロガーイベントだったようです。


有栖川有栖と『ゴーストトリック』制作者が語る、小説とゲームの境界線 | iPhone | iPad*iPhone Fan


イベントはこのような感じで開催、制作者の竹下博信氏と巧舟氏に加え、小説家・有栖川有栖氏が参加した豪華イベントでした。

ゴースト・トリックは、iPhone向けに1章・2章が無料でダウンロードできるようになっています。


ただし、iOS4以後である必要があったので、まだiOS3であったiPod Touchをバージョンアップして会場に臨みましたが、体験自体は用意された端末があったので準備は不要でした。

詳細は上記の記事に任せるとして、会場ではあまり出なかった質問を、竹下氏と巧舟氏に3つの質問をぶつけてきました

iPhone版「ゴースト・トリック」の体験イベントで巧舟さんに聞いた3つのこと

さっそく、何を書いたか挙げてみましょう。

1.Android版は出ないの?

これも会場で質問が出なかったようですが、どうやら未定のようでした。「新作は出ないのですか?」という質問は会場から上がっていたのですが、むしろAndroid版の方が早いのかなぁ、と。でも、これはどうやら未定のようでした。

2.裏技はないの?

逆転裁判シリーズも含め、分岐や隠し要素がほとんど無いようなのでその理由を聞きたかったのですが、あまり理由はきけなかったようです。これはお伝えしただけになってしまいましたね。

3.エディタはできないの?

最近スマートフォン Angry Birds というゲームが大流行で自分もはまったのですが、遊んでいてちょっとゴースト・トリックを思い出したました。スピンアウトして似た様な物理計算アクションゲームを作ってみて欲しいと思ったのですが、ゴースト・トリックの場合はどうやら「燃える」とか「感電する」みたいな科学的反応、電気的反応も入っているので、また別の工夫をする必要がありそうでした。

聞いた割に、あまり答えはいただけなかったので、あまり良い質問ではなかったかもしれません。ただ、イベント最中はUstreamが中継されており、2カメ状態で質問すると客席もばっちりズームアップで移されてしまうため、はじめて参加したブロガーイベントでいきなり千人単位のネット越しの視聴者の前で質問するのはハードルが高かったです。

その他関連の写真など


イベント後のフォトセッションでお3人様をパチリ。


イベントではiPad版の高精細版のリリースも発表に。
この大きさで見ると、イラスト集みたいですよね。
ちょっとiPadを買いたくなりました。


iPhone3G(S)、iPhone4用のステッカーをどちらかひとつもらうことができました。
私は黒のほうをもらってきましたが、欲しい方にはさしあげあすので
@rkanbe までツイッターでご連絡ください。

このイベントに参加する際には、「ファン」でつながるファンサイト[Fans:Fans(ファンズファンズ)]  というサイトに強制的に参加する必要があったのですが、ここを通じていろいろなイベントの通知が来ているようです。また興味があうものあれば、参加してみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿