2012年2月27日月曜日

Togetterまとめまとめ2を見て感じた細かいことと、最近の自分のまとめの傾向について

(※書きかけです)

Togetterまとめまとめ2に参加してきました



オープニングのビデオ。今回は見逃しちゃった。



会場でまとめた「はるかぜちゃん」まとめ


(検索結果無編集)Togetterイベントに生出演した「はるかぜちゃん」 - Togetter

賞味5分もかけていないまとめが、こんなに伸びるとは思わなかった。

()をつけているわけ


去年のイベントがきっかけです。自分のまとめを目視でよけてもらえるようにつけてます。

最近のまとめ方の変化


というわけで、必ず()をつけるようにしています。

自分は
  • とりあげたい視点を見つけることばかりで、編集にかける細かな心配りや集中力を発揮するのがあまり得意ではない
  • 本来自動キュレーション好き
ということもあり、時間をかけずにまとめ、それが結果につながるのを見ている方が好きなのかも。

もっと時間と集中力を注ぎ込めばいいまとめができるかもしれないが、それは3~4時間かかるし、とりあげたいことはもっとある。自分の生活の中でも一日に数時間は時間を取られすぎるし、それに見合う対価もないし、自己満足にしても時間取られすぎる。

()つきのバリエージョン


(短編まとめ)
(検索結果無編集)
(検索結果若干変種)
(検索結果画像抽出)

下記の通りいずれも「まとめ放棄」の意味合いが強いかも。

Twitter / @wsplus: 「まとめ放棄!「白金ディスコ」中毒、急速拡大中!」 ...

Togetterの広告経由のインセンティブ共有の現状と今後への期待


まとめサイト経由でのインセンティブにかんしてはこんな記事もありました。

NAVERまとめインセンティブについて分解してみた | 乱れなよ、そして召されなよ

上記のようなリスクをとるのは、コンテンツ地産地消型の「Togetter」と、コンビニ的陳列を行う「まとめサイト」との違い | Torchlight BlogにもまとめたようにTogetter向けではないと思う。

ブコメには「」ともある。

それならいっそニコニコ市場のように、いい場所の枠をサイト登録ユーザが奪い合う形にしたらよいのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿